八二先生の猫写真教室

2016/ 02/ 21
                 
2月20日(土)、21日(日)の2日間にわたって開催された「ちよだ猫まつり2016」の初日に、「ねこここち」メンバー2名で行ってきました。
会場は、東京の千代田区役所。
雨にもかかわらず、大変な人出です。
ちよだ猫まつり

猫に関するグッズなどのブースが並ぶニャンダフルマーケットは、押すな押すなの大盛況。
イベントステージでは、コンサート、セミナー、トークショーなど、どれも興味をひくものばかり。
私たちは、「ねこここち」のDMを置いてくださっている神保町にゃんこ堂書店さんによる「オススメの猫本10選」に参加しました。

そして、お目当てのイベントはこちら。
研修室

八二一(はにはじめ)さんは、来秀則さん、藤原なつみさんによる大阪在住の写真家ユニット。
今日は、はっちゃんのおとんこと来先生が、遠路はるばる来てくださいました。
ねこここちメンバーの大半は、先生のうちの猫、はっちゃんの写真展がきっかけで大阪に通うようになったのです。

八二先生は、大阪を中心に、写真講座の講師としても活躍しています。
講座の受講生のみなさんは「上達のためには、人に作品をみてもらうことが大事」という先生の教えを受けて、個展やグループ展を活発に開催されています。
はっちゃん展の会場には、講座生の写真展のDMが置かれ、「ぜひ行ってみてくださいね」というおすすめに、自然とあちこち巡るようになりました。
各会場で「関東から来はったの?そういえばさっきも関東から見えてたわ」なんてニアミスを繰り返すうち、自然と知り合うようになり…。
いわば先生は、ねこここちメンバーの生みの親と言ってもいいかもなのです。

はっちゃんは連れてこられないので、ぬいぐるみのはっちゃんが代わりに助手として登場。
八二先生

「おうちで飼っている猫を撮るとき、季節感を演出するため、こんな技もありますよ」と、桜柄の布を椅子に掛けて撮影。
カメラにつないだ画像をモニターに映して、わかりやすく解説してくださいます。
弟くんを撮る

私も、かぶりつきの席にいたので、撮ってみました。いかがでしょう?
弟くん

もちろん、はっちゃんを写したたくさんの作例も次から次へと大写しに。
会場にははっちゃんファンもたくさんいらしていたので、みんな大喜び。
先生もいつもの親バカトーク満載で、そのたびに笑いが漏れます。

外猫さんの作品も多数登場。
ねこここちメンバーも撮影したことがある、公園に住む「まろさん」「アイちゃん」も。
特に、まろさんのおかしな表情や格好にみんな爆笑です。

露出補正、アングル、光と影、レンズなど、テーマごとに、豊富な作例とともにお話しされ、あっという間に時間が過ぎて行きました。

記念撮影

はっちゃんの作品の前で記念撮影♪
教室の冒頭では、ねこここちのDMを参加者に配ってくださり、「がんばってくださいね」と激励のことばをいただきました。
八二先生、本当にありがとうございました!


スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

まつばらさん、ヒライさん、ちよだ猫まつりの写真講座に
お越しいただきまして、ありがとうございました。
お久しぶりにお会いできてよかったです。
レポート、楽しく拝見いたしました。
写真展の成功をお祈りしております。
八二一先生
はっちゃんや外猫さんたちの作例をたくさん見せていただいての楽しい講座、参加できて本当に楽しかったです。
遠いところ、こちらまで来ていただき、どうもありがとうございました!
そして、ねこここちのDMも参加者の方に配っていただき、感謝感激です。
みなさんに楽しく作品を見ていただくよう、メンバーそろって準備を進めます。
また、お会いできるのを楽しみにしています~。